夫の急逝により未亡人となったあかり。身寄りのない者同士の夫婦だったこともあり、葬儀は夫の会社の数人だけで行う質素なものとなった。葬儀後「申し訳ないが、社宅を出て行って貰わねばならない」と厳しい現実を伝えてくる夫の元上司・鬼頭。「ただし、私の言うとおりにすれば住み続けることも出来る。他に行くあては無いのだろう?」と続けた鬼頭は、あかりの手をそっと握るのだった…。
※シーンの一部に画像の荒れや乱れがございますがご了承ください

【※画像・音声に乱れがある場合がございますが、商品自体の不良ではございませんので、ご了承ください】
おすすめ関連SM作品
WEB SERVICE BY FANZA